2016年02月29日

夕食は食べて・・・

先週から当院の先生は嘱託医をしている施設で亡くなった方のカルテを整理しています。

先例に従って手提げのついたビニール袋に入っていたもの多数、無造作に段ボール箱に入っているものも
あり、20年以上前に亡くなった方のカルテも入っていました

(いくらなんでもねえ〜と心の中でぶつぶつと文句をいう管理士・・・)



それを施設ごと、死亡年ごとに分けて綴っていくのですがこれがまた細かい作業です。


嘱託医をやっている施設が4か所あるので、まずはきちんとパンチで穴をあけて施設ごとに分別。
そのあと、院内共通のシステムと照らし合わせながら死亡年月日、施設、死亡原因(まあほぼ老衰です)、カルテの年月日の並びを確認します。

そのあと、個人IDごとにきちんとホッチキス止めまたはガチャ玉止め、量が多くなるとスティックファスナーというものを使って整理してゆきます。

それを更に死亡年ごとに分別してファイルしてゆきます。だいたいひと施設で厚さ10センチ程度になるでしょうか、それをうちのカルテ破棄ルールに従って破棄専用倉庫へと運びます。


そんな中、とても微笑ましいというか私が死ぬときも多分こんなカルテの記載になるんだろうなあ〜ってものを見つけたのでちょっこり残しておくことにしました。


今から13年前に亡くなった明治生まれのお婆さんのカルテ


左変形性膝関節症と、老人性の骨粗鬆症を患いもちろん認知症と心因反応を発症していました。カルテを追ってゆくとセレネースの調節のみで(精神科関係では)毎日牛乳の事を気にしたり、補聴器に電源が入っていなかったりと認知症らしい日々を送っていたようです。


そして・・・


嘱託医の定期診察から5日後にそのお婆さんは静かに亡くなりました


夜の9時、老衰にて死亡の記載がカルテにあります・・・その下には


「夕食は食べて・・・」


と書いてありました


なんだか私も多分こうなるような気がします。老衰はイヤだけど最後の晩餐をきちんと食べてからあの世に行きたいなあ〜と思ってしまいました


私のような精神科の管理士にはコーディングもガン登録もDPCも無縁だけど、こんな風にカルテから顔も知らない、話した事もない方のカルテからその人の人生を感じる事ができます。


こんな事書いていたら一般病院の管理士さんに怒られそうだわ・・・


posted by トゥーラン at 14:42| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶に残るカルテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

TDSとTDLはいつ行ったら混雑していないのか教えてほしい

行ってきました。ディズニーランド。2日間シーとランドを楽しんできました。

実はランドに行くのは20数年ぶり、シーに行くのは5年ぶり位とすっかり記憶の彼方から消え去ってしまっている国です。その頃は延々と列に並んでましたなあ〜〜〜


(とはいうもののホントのところはどうだったのか本当に覚えてません・・・)


今回は一緒に行った友人の中にディズニー大好き娘がいて、ディズニー大好きおじさんもいたので何に乗るか、どれに乗るかは全てお任せです。ファストパスを取るように言われたら取って、並ぶと言われたら並んで・・・という他力本願というか、なすがままで一応ガイドブックは読んだもののあのガイドブックの中身と目の前にあるものがどうしても結びつかなくて右往左往する次第でした・・・




2.jpg


帰る日ではお酒が呑めないということで、1日目はシーへ

だってここはオトナのディズニーランド、ビールとホットワインのある幸せ〜

日曜日だったけどファストパスはすでに夜の分しか確保できず、一番怖いタワーオブテラーも夕方の6時からととんでもない時間、それでもイナカのグループは並んだり、ファストパスを取ったりしながらおしゃべりし、大笑いしながらタートルトークやゴンドラに乗ったりして楽しみます。日曜日は事のほか暖かくて、途中の休憩で呑んだビールが本当に美味しかった。たくさんの人が並んで注文をして・・・でも席なないいんですね。私達は運よく席を取る事ができたけど、ディズニーさんあれは本当に考えた方がいいですよ。

1日しかシーでは遊べないし、チケットはどちらでも遊んでいいものなので次の日もシーで遊ぼうかあ〜なんて話しも出たけど、結局次の日はランドに行く事にしオトナの遊園地は1日で終了。最後にタワーオブテラー(増量中)に乗り恐怖感をたっぷり味わってホテルに帰りました。

securedownload3.jpg



次の日は月曜日。



世の中のみなさんはお仕事です・・・


通勤の大混雑の電車に乗って舞浜に降り立ちます。


ランドの目玉はそれぞれ違ったようで、部分的に別行動になったりしました。私はスターツアーズとバズライトイヤーのアトラクションが目的です。今回一緒に行った友人はみんな絶叫系LOVEなんだけど私は前日のタワーオブテラーですっかりやられて怖い方が先になってしまったので、ビッグサンダーマウンテンもスプラッシュマウンテンもパスさせてもらいました。でも、みんなとカヌーに乗ったりジャングルクルーズに乗ったりとこれまた楽しいアトラクションを楽しませてもらいました。


私が一番食べたかったミッキーマウスのワッフルも食べられたし、最後にこんなチケットも出てきて大感激!!結局使わずに家へ持ってきました。



securedownload01.jpg


また来年来たいねえ〜〜なんて言いながら最後は新宿でちょっとした酒盛りをして帰ってきました。チケットはまた取れるので、今度は別の友人と行こうかと思ってます。









posted by トゥーラン at 16:34| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

量的監査

量的監査

これね、最近始めました状態のものです。

本来、各書類には書くべき内容があって書くべき数値があって書くべきサインがある。入院時の書類に入っている以上は必要事項をきちんと書くのは当然だと思っているのですが・・・


うちの病院の看護師は必要事項を書きません・・・


データベースがあって、その中から看護の問題点を探り出して問題リストにピックアップして看護計画を立てて実践する・・というのが本来の流れであるのにもかかわらず、データベース真っ白。適当に看護問題のリストを書いて(1回監査の終わったカルテを病棟師長に差し戻した時に逆ギレされましたが・・)評価の日付も看護計画に書いていないという人(看護師の風上にも置けない・・・それさえも書けない看護師を擁護する師長もどうかと思うが・・)

一体どうなんでしょう・・・


数日前に医事課からカルテが戻ってきまして
監査をするわけです

そうするとデータベース真っ白なカルテが出てきたのです
監査結果を全て付箋につけて病棟に戻したんですが、すでに退院してしまった患者さんのデータベースは書けないですよね。それでもわかって欲しくて現在、わかる範囲でいいのでデータベースを埋めてくださいとお願いするわけですよ(心の中ではこのアホ!!とか思ってますが)

2日して戻ってきたデータベースを見てビックリしました。

データベースに全て!全て!斜線が引いてありました。ちなみにこの看護師が所属しているのはカルテ差し戻した時に逆ギレした師長の病棟です。

「ふざけんな〜〜バカ!!」

ですよね。

この師長、来月から(2月)はしっかり書かせるので今月(1月)は勘弁してほしいというので手加減しましたが、しっかり書いた結果がこれでは本当にハラが立ちます。

サインもれなど粗方監査が終わっているので、あとはこの監査結果を数値化して保存します。

管理士ってこんなデータの管理をするんだろうか・・と思いますが、今は仕方ないと思ってます。


そのうちもっと病院にとって重要なデータをとれるように頑張るのみです。


posted by トゥーラン at 13:26| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療情報管理士@資格取得後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

ようやく入院カルテの整理が済んで・・・

えと、お久しぶりです。

精神科診療情報管理士の人です。考えてみればもう2月も中旬となり、今年も残すところあと10か月と19日となりました。


私の愛するカルテ庫ちゃん(現在管理しているだけで5か所)もだいぶ片付いてきました。先日、ようやく50年分の破棄カルテの整理が終わりました。以前、当院の最高決定機関でカルテの破棄期限について正式に取り決めが決まり、カルテの半分は必死に片付けなくてもいい事になり、管理士は大変安堵してます。


半分のカルテに目をつぶって、あとの半分の保存の枠組みができて、本当に楽になりました。それに伴ってアリバイ管理と量的点検について少しづつですが進めています。


アリバイ管理は「いつ」「誰のカルテを」「誰に貸し出して」「どこにあるか」を明確にするもので、当院は外来カルテと入院カルテが分かれている事もあり、少々煩雑になってます。

(病院がこうやってきたので仕方ないですが・・・これを変更しようという気概もなく、流れに乗るだけの管理士です)

当院の場合、管理士は私一人でなるべくお手間のかからないように考えた結果、貸出用紙のファイルを作る事にしました。ファイルに貸出用紙を入れてアリバイとして貸し出したカルテの所にアリバイを入れておくようにしています。貸出に必要な事項(貸出日時・患者さまID、氏名・持ち出した人、使う人、何を持ち出したか・使用目的)を表にしています。貸出期間は2週間とし、2週間経過した時点で督促をかけています。


たいがいの職員は貸出期限を守ってくれるのですが、CWに凄いのがいました。


貸出期間の延長を延々と繰り返し、揚句の果てに来月受診するのでそれまで手元に置いておきたいというツワモノ、まだ始まったばかりの管理なので強い事も言えず困っていましたがさすがに堪忍袋の尾も切れ、会議に議案の提案をしこちらの条件を全て押通しました。今度借りにきたらペナルティつけてやろうかと思ってます。

入院カルテの整理も結局1年7か月かかりました。でも長年通院されている患者さんのカルテの整理はまだまだこれからの状態でとんでもない量の紙カルテと現在格闘している毎日です。


来週末は仲のいいお友達と久しぶりに東京ディズニーランドへ行ってきます。


シーとランド、2か所を2日かけて楽しむ予定です。今週、来週はこれを楽しみに頑張ります。
posted by トゥーラン at 13:10| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 診療情報管理士@資格取得後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする