2010年09月20日

第36回日本診療情報管理学会学術大会(オマケ編)

はい、学会ネタです。ただ私の場合、DPCや癌登録とは無縁な管理士のため、勉強したいと思っていたものは少なく、あまり勉強していません。でも、会場で面白いものやお気に入りなど見つけたので、それについて書いてゆきます。なので、オマケ編としました。





初めての学会参加だったので、コングレスバッグは自分で用意していったのですが、会場に入るとこんなにステキなコングレスバッグがありました。






コングレスバッグ






これと長野市内の飲食店のマップが一緒に置いてありました。表(?)は八幡屋磯五郎のネームが入ってます。八幡屋磯五郎は長野県でも有名な七味唐辛子のお店で、善光寺に入る十字路にあるお店です。私のお気に入りは「ゆず入りの七味」で、少々お高いですが、これは風味もよくクラークさんにもオススメしたものです。長野県のお蕎麦屋さん、うどん屋さんには大抵赤い缶に入った八幡屋磯五郎の七味唐辛子が置いてあります。辛さもいくつかあり、確かお好みに合わせて調合もしてくれたと思います。最近は赤い缶のストラップや、マカロンなんかもあって大変おしゃれなお店になっているけど、カウンターにいるおじさまは相変わらず渋いお方でした。








コングレスバッグは現在私のお弁当箱入れになっています。







そして、いただくのが楽しみになっていたものがあります。











信濃路だより





これは学会中に速報のような形で出されていたおたよりで「信濃路だより」です。私は2日目の午後には帰ってきてしまったので、最終号まではもらえなかったけど、参加している方の意見や、表情、長野の美味しいものなど記事が満載で、長野県民でもこれは役に立ちました。最終号まで欲しかったなあ〜〜事務局まで問い合わせてみようかしら・・と思ってます。






その中で特筆すべきものはこれ








信濃の国





信濃の国という県歌です。信濃路だよりの第1号に載っています。私も久しぶりに歌詞を見たけど、メロディーが頭に浮かんできてなんだか安心しました。病棟に配属されていた時によく歌ったものです。





あとは、写真に撮れなかったけど、売店にあった横川の峠の釜飯は美味しいです。釜飯のお釜の後利用に少々困るけど、これで御飯を炊けるという話もあるので、今度やってみようかと思ってます。横川の峠の釜飯は現在、各地にお店を持っており(びっくりしたのは、高速の双葉SAにも出店してました)簡単に購入することができます。お店に不要になったお釜を持ってゆけば引き取ってくれるので、チャンスがあったら是非みなさん食べてみて下さいね〜〜。

posted by トゥーラン at 17:32| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック