2015年09月28日

残す?残さない?

当院は単科の精神科です。オーダリングシステム、院内を管理するファイルメーカーがあるものの、完全な紙カルテです。スーパー救急を取っている関係で患者さんの出入りが激しく、3か月で患者さんを退院させないといけないので、結構シビアです。


私が管理士に専念し始めてから一番の悩みは今までの50年分のカルテを残すか残さないか・・・ということでした。幹部の間でもキレイに意見が2つに分かれていて、残す派と残さない派の数も2対2位で全く決着がつかない状態です。


今回の学会で開院以来全てのカルテを保存しているという発表をした病院がありました。私はそれを聞いて困り果ててしまいました。本当の所、10年以上経過したカルテは破棄するつもりで梱包をしていたのですが、今回の学会のスローガンが「診療録はいのちの記録」だった事もあり、そんな大切な命の記録をいとも簡単に捨ててしまっていいのか・・・・と思い始めました。現在、私の管理下にある場所は院内に2か所、敷地内に倉庫を2つ持っています。開院から50年、本当に何も手を付けずにただ放り込むだけのカルテ管理だったので今本当に苦労しています。ルールのない分冊、保管場所のいい加減な管理・・・・学生セッションで電子カルテありきの発表をしていた学生がこんな田舎の単科の精神科に就職を決めたら、1年位でうつ病になるかも・・・なんて思っています。


管理室ができて1年、いまだにカルテを捨てるのか、捨てないのか迷っている自分がいます。さて、どうするべきか。
posted by トゥーラン at 15:55| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療情報管理士@資格取得後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック