2016年07月14日

院内学習会にて

securedownload meirio.jpg

先日、院内の学習会の当番がまわってきまして

事務長から「なんかしゃべってくれない?30分くらい」と依頼というか、脅迫を受けて話してきました。

パワポ作りも待ったく気乗りせず、頑張ろうと思ったのは3日前・・・

おまけにデイケアからヘンテコな仕事がやってきて、バタバタとした3日間でした


最近、力を入れているのが看護記録の監査です


当院、とにかく記録を書かない。発表時にもネタにしましたが警察からの開示が来たカルテについても空白のところが多く、アタマを悩ませています。精神特有で入院した日もデータベースの作成や、フェースシートの作成も無理なことが多いとのことで、入院中になんとか記録を完成してくれるようにお願いしています


(看護師ならちゃんと記録書けよ!!とか思っている管理士・・・)


先日送られてきた学会誌にも参考になることがあり、もう少し詳しい話を聞きたくなったらその発表者に連絡を取ってみてもいいかなあ〜と思うようになりました

院内では少々嫌われ者の管理士です。

院内を歩いていたらそのうち刺されるんじゃないかと内心ドキドキする日もあります


学習会でもしっかり話したけど、任意の学習会だったことや現在の看護部長代理に看護記録に対する明確な目標がないこともありなかなか前に進まない状況です


そういえば、この前の学会誌にこんな事が書いてありました


診療情報管理士に求められるキャラクターは『公正・誠実で企画力に富み、揺るぎない信念とコミニュケーション能力を有すること』また『打たれ強い』ことだそうです・・・


ん〜〜深いなあ〜


打たれても打たれても前に進む能力、私もほしいです

posted by トゥーラン at 11:30| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療情報管理士@資格取得後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440030306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック