2012年04月05日

いつものごとくバタバタと東京へ向かう

3月30日。

この日は病院をでるまで本当にバタバタとしていました。来月の勤務表、スケジュール表など数種類を院内全てに配布して、私の任務は終了。でもなんだか携帯ちゃんの充電器が欲しくなり慌ててAuショップへとクルマを走らせます。実はお昼の時に何件かのショップに連絡をして在庫を確認していたのですが、結局在庫があったのは1件だけ。19時には閉店なので、近道を通ってゆきます。でも、到着が閉店5分前でどうしようか・・・と思ったけど、オバサンパワーでショップに入りシャンパンゴールドの物を確保します。



これからどこかにでかける時のお供が増えました。


さて、家に帰り旅の準備を始める私。正直何も準備してなくて、仕事が終わらなかったら着替えも用意しないで行く覚悟だったけどなんとか下着と傘と着替えをいつものカバンに詰め込む事ができました。



やれやれ・・・



ツレからはお迎えの予告がきていたし、それまでは時間もあるからコーヒーを用意して飲んでいる事にしました。先日某製薬会社さんからとてもしっかりしたマグをもらったのでそれにコーヒーを入れて道中飲んでいこうかな・・・と思ったのです。でも、結局そのままにしておくことに。もし置き忘れてしまったら悲しいもの。


『あと2分で到着です』メールをもらってから慌てて外に出たけどちっとも来ない・・・どっかで道草しているのかな〜〜なんて思っていたらいつもの駐車場にクルマがあって、さあ出発です。近くのインターから乗ることにしたようでした。高速にのるまでに仕事関係の電話が2件。つくづく忙しい人だと再認識しました。


夕食の時間頃出発だったので、お腹も空きます。諏訪か、双葉か、談合坂辺りでの夕食を考えていたけど、結局空腹に耐えかねて双葉で食事をすることにしました。



DSC_1658.JPG



ツレはとんかつ。私はみみほうとうをチョイスです。ごはんを少し食べたかったので、ツレのごはんとお漬物を略奪していただきます。みみほとうの定食とかあったらいいのに。




双葉を出発してしばらくしたら今夜のホテルに到着時刻が遅くなる事を連絡します。フロントのお兄さんとっても親切な対応をしてくれました。



久しぶりにいろんな話をしました。くだらないなあ〜〜と思う事も、楽しいと思う事も悲しいと思う事も話せる関係でいたい。会話のキャッチボールができなくなったら二人の関係はおしまいなのかしら。そんな事を考えながら夜の高速の光を見ていました。





DSC_1659.JPG




談合坂でトイレ休憩をすることにしました。夜もだいぶ遅いので、主なお店はしまっていました。でも、リニューアルしたという建物は綺麗で、昼間きたら楽しいだろうな・・・と思ってしまいました。



首都高に入り、順調に愛車は走ります。左手にはオレンジに光る東京タワー。この光をみるたびに角松敏生の東京タワーという曲を思い出します。田町でスクーリングをやっていた時には一人ぼっちだった私に元気をくれていた東京タワー。研修の度に感じていた苦しくて、寂しい気持ちを思い出しました。あれから3年、なんとか管理士の資格を取得し、仕事は順調。心から笑えて、リラックスできる環境をようやく手に入れる事ができました。




レインボーブリッジに入り、ゴールはもうすぐ。お台場の喧騒から少し外れたところにある今夜のホテルにようやく到着しました。お風呂に入り、ビールを楽しんでからゆっくり眠りました。










posted by トゥーラン at 14:46| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012春 東京行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

お台場でブッフェを楽しむ

今回お台場で計画していたのは、ここでブッフェを食べるということでした。


ホテルグランパシフィック・ル・ダイバ


ツレと一緒にフジテレビのはちたまを見学したあとツレは某所へ。私はビーナスフォートへと向かい、ルーレットで遊んだあとホテルにむかいます。本当は東京のどうバカとブッフェデートの予定だったけど、急にシステム障害の為出勤となり私一人でブッフェを食べる事になりました。


まあ、たいがいどこかへ出かけてもツレと別行動になるので、たいしておひとりさまも気にしてないしかえって一人ですきな物を好きなだけ食べられるので、いいのですが。



その頃にはお台場は暴風雨の状態。



おまけにレインボーブリッジは閉鎖されているようで、なんか優越感。だって、織田裕二だってレインボーブリッジ封鎖できなかったのに、この地方出身の雨オンナが雨オンナの威力をもってして閉鎖しましたよ。



どおだあ〜〜織田裕二・・・ってことないか。



ロビーカフェ ル・ブーケ



今回予約したブッフェです。3月31日は旧価格最後の日で、この日は2200円でした。4月1日から2900円にアップしてます。なんか特したキブン。急に来れなくなったどうバカに残念でした〜〜とメールしてやりました。



DSC_1676.JPG



今日は運転しなくていいと思って、思いきってアルコールをオーダーすることにしました。ビール・・・と思ったけど、ブーケの入口にあったワインの色があまりにキレイだったので、ロゼのグラスを1ついただく事にしました。美味しいワインと美味しい食事・・ああ〜〜なんて私って幸せなの〜〜年度末のこのクソ忙しい最後の日にお台場でワインと食事をたのしめるようになるなんて・・・昨夜泊ったホテルも最高だったし、このプチ旅行だいせーこーなんて思っていた。



(でも、この数時間後に私は地獄に突き落とされる事になるなんて思いもしなかった)




メニューはホテルのHPの通り。ワインも美味しくて、特に中華風の炒め物が絶品で、2回もおかわりして、紅茶とマンゴーの取り合わせもGOODでこれまたおかわり。90分の時間ゆっくりと目いっぱい使ってブッフェを楽しんできました。



大きい窓の外は雨と風がまたひどくなってきた様子。そろそろビーナスフォートへ移動する事にしました。



今度くるときはツレとブッフェしたいな。ル・ダイバのブリッジ側の部屋にお泊りしたいな。食いしん坊の夢は果てしないようです。







posted by トゥーラン at 21:39| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012春 東京行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

フジテレビ はちたまより

DSC03163.JPG




昨日は強風ではちたまに行くエレベーターの乗り場も恐ろしい位の風が吹いていて、私達がはちたまから下りてくる頃はちたまに行くエレベーターが閉鎖されていました。





はちたまかた見えるお台場の風景と、スカイツリー。スカイツリーは端っこの窓からようやく見える感じです。





DSC03161.JPG




東京タワーとスカイスリーが1度に見れるところないかな。
posted by トゥーラン at 18:59| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012春 東京行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペリカンの万年筆

今回はビーナスフォートのなかで結構遊んでいて、ランチに行った時以外はずっとビーナスフォートで楽しくウインドゥショッピングを楽しんでいた。



たまたまイベントでやっていたカジノ体験にすっぽりハマり、最初はバッグハンガー欲しさとブッフェまでの時間潰しでやることにしたけど、思いのほか出てしまいチップがいつのまにか3倍になっている始末。





DSC_1671.JPG



某パチンコ会社のイベントでカードやルーレット、ガチャガチャなどベガスのカジノキブンを味あわせてくれて、誰でも参加OKだったので私の横でやっていた小学生もルーレットのかけ方上手かったです。ホントはボンドキブンでカードをやってみたかったけど、カードの意味も知らないので私はルーレットをチョイス。







ディーラーのお姉さんがとても親切な方で懇切丁寧にチップの置き方を教えてくれておまけにほとんど出ないという数を私が当ててしまったから余計に盛り上がりで、同じところでやった人達と楽しくルーレットやってきました。






そして








DSC_1688.JPG



フォートのなかにあるSmithで凄く迷って買ったペリカンの子供用の万年筆です。本当は赤が欲しかったけどないので泣く泣くブルーにしました。でもこれもそれなりにキレイな色で中のインクの色を同じにして購入してきました。それと、エッフェル塔のクリップ。久しぶりに東京タワーみたし、ツレと一緒にはちたまでスカイツリー一緒にみた記念ってことで。



ペリカン ペリカーノJr - Pelikan Pelikano Junior




最初、インクが出なくてSmithに問い合わせしたら、インクが詰まっている可能性があるので、水に漬けてきて下さいとのこと。その通りにやってみたらキレイな水色のインクが出るようになりました。グリップには握り方のガイドがついていて、その通りに握ると正しい万年筆の握り方ができるという仕組み。どうやら私は正しい万年筆の握り方ができていなかったようで、インクも出なかったよう。



どこかに行くとその時は「いいお買いものした」と思うけど、自宅に帰ってきてみると「なんだあ〜〜」って思うのが多いけど、このペリカーノだけは別。本当にいい買い物したなあ〜〜と思います。


posted by トゥーラン at 17:34| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012春 東京行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お台場⇔松本ドライブ格闘記

今回、クルマを使ってお台場まで行ったけど、私のなかには「運転を代わる」という気持ちは1つもありませんでした。



無類のドライブ好きとはいうものの、首都高は全く運転したことはなく意識して首都高回避の方向で生きてきました。はっきり行って「首都高は助手席に乗るもの」と決めていたしあんな迷路は運転するものじゃあないと思っているし、もっと言えば亡くなった父の遺言で「首都高だけは運転するな・・・」というものがあったし・・・・





すみません、嘘です。父親はそんな遺言してません。






というわけで、土砂降りの中待ち合わせ場所まで帰ってきて買い物した荷物をまとめているところに少々遅刻して帰ってきたツレ・・・




顔が真っ赤で、さらにネクタイなんて緩めて歩いてくる。そして第一声が




「いやあ〜〜ワインが美味しくて・・」




\(◎o◎)/!



いくら鈍感な私でもこの後の展開がすぐに読めました。




つまり・・私がこのお台場から松本まで運転して帰る。あの運転した事ない首都高を運転するってこと。ツレはさっさと助手席に乗ってしまうし、そしたら私が乗るところは運転席しかない。怒りとビックリと、どうしようって焦りと、人間いくつもどうしようもない事が重なると言葉も出ないんですね。初めて知りました。とりあえず自分の行きたいところまではツレ殿ナビで登録してくれたけど、そこから後は爆睡・・・





私は内心本当に泣きたかった。信号1つ見誤りまして、ツレに怒られました。





なんとかレインボーブリッジにはいる事はできたけど、のった途端に渋滞。新宿方面のシグナルを頼りに車線を選択してゆきます。橋の上からは左に東京タワー、右手にはスカイツリー2つのタワーを1度に堪能できるレインボーブリッジの渋滞は感謝です。大分雨も風も落ち着いてきたし、あとは首都高をなにもなく通り過ぎて、中央道に入るのを目標に肩の力を抜いてハンドルを握りなおします。




隣のツレ殿、帰りは絶対運転なんかさせないなんて言っていたけど、ワインを口にした時点で私に運転させることよし!としたのでしょう。そこまで信用してくれたなら頑張らないと。



しばらく運転すると右手に東京タワーが迫ってきます。なんか雨のあとのせいか東京タワーの赤と白がキレイに見える。こんな風に運転席から見上げるなんて初めて。ある時は観光バスの席から。またある時は外車の助手席からって時もあったな・・・その時教わったこと。とにかく左の車線を走っていれば新宿に辿りつくから。出口の渋滞をかわしつつそんな言葉を思い出していた。





その時は忘れてしまうアドバイスも自分がその場に立った時に思い出すものなんだね。ありがとう。





結局、首都高抜けるのに1時間半かかりました。だってずっと渋滞だったんだから。





ツレの目的地到着も渋滞とともに遅れてゆきます。なるべくなら早く着かせてあげたいって想いと、大切な時間をもう少し少しでも長く欲しい・・と思っている私のオンナ心。昨日から数えると短い1日だったけど、私にとっては大切な時間。





ナビからは昔懐かしい曲が流れてきて、なんだかその頃にタイムトリップしているみたい。若かった頃、失恋した時に聞いていた曲。生活が激変して心のよりどころになっていたツレを想って聞いていた曲。あの頃の気持ちがいくつもいくつも甦ってきて涙が出てきた。隣で寝ているツレにそっと呟いておいた。「ありがとう。いろんな事を乗り越えてきたのはあなたのおかげです」って。





首都高を抜けてどの位経ったのか、山梨に入ったあたりでようやくツレが目を覚ました。甲府盆地の夜景を2人でみるなんて初めて。「綺麗だね」なんて言葉が出てきて、また感謝していた。










途中で運転を代わってまた私は助手席の人になった。






なんかちょっと自信がついた。




私、首都高運転できるようになったもん。お台場までなら一人で行けそう。またあのホテルに泊まりたくなったら、またブッフェが食べたくなったら、ふらりとお台場まで行ける。















posted by トゥーラン at 16:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012春 東京行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする