2017年02月07日

忙しい・・・

今週はバタバタでなかなかブログと向き合おう事ができずにいます

原因は数年前に亡くなった患者さんのカルテ開示

最初はご家族からの申請で行き別れになった兄を探していて、ようやく見つけたらここの病院(私の病院ですね)にずっといて、亡くなった事を知った。兄がどんな風に生きていたのかカルテを開示してほしいとのことでした。

その方が亡くなったころのカルテの製本はひどいもので、開示するのがお恥ずかしい位のもの・・・

でもまあ。開示してご家族が閲覧するくらいならいいかなあ〜と思って担当者に渡したんだけどなぜかその後弁護士という人が出てきて、カルテの開示とコピーしたものが欲しいと言ってきたのです

私としたら「?」の嵐です

昨日とりあえずコピーをすることが決まり、でも中身の整理が全くできていないので昨日から必死に整理をしています

約10年に渡る入院記録です

製本の順番通りに並べ、破けているものは修復して自動のコピー機に入るようにやっているけど先はまだまま長い・・・


この前富山で1日遊んできた事や、お弁当の話などネタはいっぱいあるんだけど手が届きません・・・


だんだん一人では対応しきれなくなっているのが現実

そして、カルテ庫がそろそろパンクの予感

病院の近所にいい空き物件があるので、そちらにカルテをすべて移して整理してゆきたいいとか妄想している自分がいます

posted by トゥーラン at 10:12| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

危険ドラッグの罪

この1年ほどで危険ドラッグを使用したことにより入院される患者さんが増えてきました。

先月、やはり数年前から危険ドラッグを不定期に使用していた方が治療の末退院されましたが、サマリーを読む限りまた危険ドラッグに手を出しそうな気がします。


主治医のつけてきた主病名は「残遺性障害。F16.7でいいのかなあ〜と思います。

《残遺性障害》  急性期の症状が改善した後に心身の消耗状態が起きることをいう。

この患者さんは若い頃インドで大麻を覚えてしまい、帰国してからはすっかり忘れていたようですが日常生活の苦労やストレスにより危険ドラッグに手を出してしまったとの事。


精神科にも危険ドラッグ絡みの患者さんが入院する時代になったのだと思いました。


この患者さん、奥さんもお子さんもいて家族の大黒柱です。そんな大切な人が何故危険ドラッグに手を出してしまうのだろう・・・なにか心の中にあったのかしら・・・奥さんに話せなかったのかしら。いろんなことが過ぎります。

退院後は家族と一緒に生活し、理解のある会社の上司のおかげで働いてゆくことは可能なようです。


頑張らなくていいから、何か心に歪みが出てしまったら家族に話して欲しいと思います。自分の中で決着はつかないのです。つかないからドラッグに手がのびてしまったことをちゃんと理解してほしい。そんな患者さんを受け入れてくれた奥様とお子さんを大切にしてほしいです。


たかがF16.7という数字の羅列の中に秘められる人間の葛藤をひしひしと感じたコードでした。







posted by トゥーラン at 14:08| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

食卓の変化。

本日、保健所立ち入り検査です。


先月、勤務表を作り終えてそのまま立ち入り検査の準備に入り、すでに7日。今落ち着いて考えるとこの数日、自分が何をやっていたか正直覚えてない・・・・。やっと検査が始まり、居室は落ち着いたのでほぼ放心状態で朝ごはん(森のこびとさんの紫いもパンとお茶)を食べてます。




さて、先週末から我が家へ定期的にお野菜がやってくるようになりました。

いつもパンをお願いしている「森のこびと」さんでお野菜の宅配もやってくれる事になり、これからお野菜の高くなる時期もくるし、それなら・・・とお野菜仲間のイナちゃん(看護師。彼女は病気の関係でお野菜しか食べられない)と一緒に定額でお野菜を頼む事にしました。


500円でお願いして、量が多かったら減らす事も可能ということなので、とりあえず第1回目をお願いしました。




さて、これが500円分のお野菜です。







DSC_1068.JPG




最初、これをイナちゃんと2人で分けるのかと思っていたら同じ箱が2つ届いてビックリ!!

入っていたお野菜は6種類。ちなみに全部100円です。



ネギ・・・・4本
ブロッコリー・・・小さいカブが5つ
はくさい・・・1玉
赤かぶ・・・6個
さつまいも・・・2本
ホウレンソウ・・・1袋(説明では250g位入っているとのこと)



あれ?よく考えると、500円でお願いしたのに6種類入っている。

オマケしてくれたのかな・・・

金曜日の夜にさっそくお料理してみました。ツレは飲み会で遅いしお迎えの約束してあるし、それまでにできるだけお野菜のお料理をしようと思ってしまったわけで・・・。

ネギをマリネ風にして、ブロッコリーをゆでてみました。そしてその夜の晩御飯はちゃんぽん鍋にしたので、白菜を投入。ついでに赤カブは酢漬けにしてみました。まだ赤カブ残っているし、ピクルスにしてもいいかも。早速ピクルスのレシピを教えてくれた飲み屋のママさんのブログに行ってレシピを探します。



さつまいもはオレンジ煮。ホウレンソウは・・どうしようかな・・・




やっと立ち入り検査の準備も終わった事だし、休みは1.5日浮いているし、今日が終わったら温泉にでも行ってこようかと思ってます。



上司の「終わったよ〜〜」って笑顔を待ちながら何処に行こうか考えてます。
posted by トゥーラン at 10:30| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

貧血ボーイと中学生

ウチの病院は看護学校の学生さんの実習指定の病院になっていて、2校程度の学生実習を受け入れています。学生さんは約2週間3病棟に分かれて実習をしています。


さて、先週の月曜日。



学生さんは実習の始まる月曜日に必ず全体ミーティングの会であいさつをします。もう何年になるか、ずっと昔からこの学生さんのご挨拶はするので、先生も職員も慣れっこになっています。院内の申し送りが終わったあと、いよいよ学生さんのご挨拶が始まります。



「○○看護学校の実習生○名・・・・」あいさつを始めた男の子、何となく顔色が悪い子だなあ〜〜と思っていたけど、そのうち私の視界から消えました。あれ?とは思っていたけど、よくみたら後ろに倒れていました。慌てて学校の先生や、実習担当の看護師が近づき、コロコロのついた椅子にのせ私の使っている居室に連れてゆきます。部屋には長いソファがあって、横にしてあげるようでした。そのうちドラゴン先生(ちゃんと名前はあるけど、ニックネームです)が部屋に行き、様子観察をしてくれます。朝の会議が終わったあと、居室にボスと上司、副看護部長が集まり、問題点について喧々諤々の議論を始めます。もちろんその横には貧血を起こした少年が寝ています。



私にとってはそんな議論日常茶飯事だからなんとも思わないけど、貧血少年は白い顔しながら目をきょろきょろさせてビックリしているし、そのうちボスがその貧血少年に「これが精神科の現状ですからよく聞いておいてください!」なんて訳のわからない教育を始めるし、こちらで聞いている私は笑いをかみ殺すのに精いっぱいでした。



結局、その少年少し休んだあと病棟に戻り実習を始めたようです。



ついでに、その少年にニックネームがつきました。



もちろん「貧血ボーイ」です。命名者はもちろんドラゴン先生。実習病棟を通るたびにこの貧血ボーイがいます。なんだかおかしくて笑えます。いい看護師になるといいなあ〜〜。貧血ボーイ・・・。






DSC_0971.JPG



さて、うちの病院もう一つ地域に貢献している事がありまして。中学生の職場体験実習の受け入れを行っています。一般科と違い、赤ちゃんの入浴実習とか希望の持てるような体験はないけど、明日は病院の文化祭なので一緒に楽しんでもらおうと思ってます。一応、制服も用意しました。これがまたかわいい制服で、私が着てみたいと思うほど。



果たして本当にくるかどうかわからないけど、中学生の柔らかいアタマでいろんな事を感じて欲しいと思っています。
posted by トゥーラン at 18:11| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

精神保健指定医とオンコール

精神保健指定医とは・・・。



一般科にはなじみのない資格で、これがないと精神科医ギョーカイではごはんも食べていけない位の資格です。隔離・拘束の開始など精神保健指定医の資格がないとやってはいけません。年に2回資格取得のチャンスがあって、数日の講習(ほぼカンヅメ)を受けたあと、自院で症例を5つ(提出する症状の症例は決まっている)選択のち、レポートを書いて厚労省に提出する・・・。
1回失敗するとまた講習会に参加して、レポートを書いて・・という過酷な日々が待っています。




さて、今朝のこと。



我が病院は、朝の定例会議から始まります。本日の予定は医師3名が学会出席、夕方から製薬会社さんの勉強会があります。この勉強会で座長と発表医師がうちの病院から出る事になっていまして、発表医師が今夜の当直なので、その間非指定医の先生が当直をします。我が病院で非指定医が当直を行う場合、指定医のオンコール当番がつくことになっていて指定医の先生を割り振りするのです。たった2時間だけど、なにかあった時にオンコール当番医師が病院に行かないといけないので、ボスに会議の席でオンコール当番の事を聞きました。




「ボス(ちゃんと名前はあります)今日のこの時間帯のオンコール当番はどうしますか?」



「う〜〜ん、ぼく今日はお台場にいてオンコールできないけど」



さて、わたしが聞きたかった事はオンコールをつけた方がいいですよね・・ってこと。
なのに、ボス殿私がオンコールをやれと無茶振りをしているかのようにとってしまったようで、なんだか一生懸命考えている。私は「うん、つけておいて」ってお返事を期待したのに。そしたら今度他の先生達にオンコール無茶振りができるのに・・・。



「じゃあ、ぼくがお台場で携帯に電源を入れておけばいいか・・・」



おい!!どうやってお台場から戻ってくるのですか?先生。あまりにおかしくて「ナイスボケ!!」と突っ込みそうになったけど、半分変な顔をして「他の先生方はいかがでしょうか?ご一考いただけませんか?」と振ってみたら、副院長が「じゃあ。ぼくがやります」と言ってくれた。




ちなみに・・・この副院長、今夜の座長です。2時間の間に何かあったら座長吹っ飛ばして病院に戻るのかしら・・・。





おかしくておかしくて、誰かに話したいけどいつも話相手になってくれるもう一人の上司も本日学会の為不在。秋の学会シーズンとはいえ、重なりますなあ〜〜。



あ、もう一つ病院に嬉しい事がありました。




今年の冬に指定医のレポートをして、再提出をしていた医師の指定医合格が本日決まりました。この先生、合格しなかったら厚労省に殴り込みに行くとまで豪語していた先生で、困ったなあ〜〜と思っていたけど、どうやら厚労省殴り込みはお流れになったようです。私の正義感(?)から一緒に厚労省に殴り込みに行きます・・・と約束してしまった手前、どうなるかヒヤヒヤしていたけど一安心です。



ボスを駅まで送っていってローソンで限定品の「いちごのミルフィユ」を買ってきました。おやつの時間に厚労省に殴り込みに行かなくてよくなったお祝いを一人でひっそりします・・・・。




これで我が病院3戦3勝!!どおだあ~~指定医かかってこい!!

posted by トゥーラン at 14:55| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

統合失調症について学びましょう

冊子


昨日、行われた研修会。



ウエブ研修で、そのあとディスカッションがある為、結構面白いと評判だった。私自身大変興味のなった内容で、日常においては殆ど患者さんとの接触はないけど、調子がいいと声をかけてくれたり、あいさつをしてくれる患者さんがいて、最近ようやく調子の良い・悪いの見分けかたが分かったせいか、今回の講義内容「再発のサイン」は興味深く聞くことができた。




製薬会社さんが主催の勉強会の時って何か「食べる物」を用意してくれることが多い。それがお弁当だったり、自社製品だったりするけど今回は美味しい焼き菓子を用意してくださっていた。仕事が終わってからの勉強会が殆どなので、大変助かります。




MRさんたちは美味しいお店をよく御存じで、IRさん(敬称は略します)のMRさんとお話しをしていたらいろんなことを教えてくれました。会社によっては美味しいお店のリストなんかがあるそうで、是非ともそのリストが欲しいなあ〜〜と思ってしまいました。ランチの時間にセッティングする勉強会時のお弁当をどのお店にするか迷うそうで、感想を聞くこともできないし悩むことが多いとか・・。今回の勉強会用のお菓子も味見をしようと思って少しだけ購入して、奥様と試食したんだと言ってました。



なんか熱心だな・・・・と思ってしまったりして。




でも、このお店キュイエール・ダルジャン(長野県松本市芳川1106)は雰囲気のいいお店で、私のおススメはバレンタインの時のチョコレートケーキ。しっとりとした焼き上がりは絶品で、濃い目のミルクティーと一緒に頂くのが好きです。いつもバレンタインの時は5HORUNにするか、キュイエールにするか迷うけど、来年はキュイエールにしようかとふと思いました。



WEBセミナーのあと、ディスカッションをしながらお菓子をいただきます。お茶も頂いてほっこり幸せ感じてました。





勉強会のお菓子





マドレーヌ



マドレーヌ♪ ハートの形のマドレーヌです。バレンタインのお義理に使うにはいいかも黒ハート





ダィクワーズカフェ


ディクワーズ黒ハートこれ大好きなのです。ふんわりとした触感がお気に入り。






アールグレイ



多分(まだ食べてないので・・)アールグレイのパウンドケーキだと思います。包装がかわいいでしょ。






MRさんも大変だなあ〜〜と思います。でも、こんな初心に戻る勉強会もいいものだと思いました。さて、次回は8月。今度がどんなおやつが飛び出すか、楽しみにしてますよ。○ライ・○リーさん。
posted by トゥーラン at 13:46| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

仕事初めにボスご機嫌!

本日よりお仕事です。



朝のお年始の会で正式に精神科スーパー救急の認可が下りたとの発表があり、ボス大変ご満悦です。これはボスの数十年来の悲願で、この取得の為に何年もの準備期間がありました。県立病院も取得表明をしていたのですが、施設基準や人員の確保がうまくいかずそのままになっています。



ボスに仕えて数年になりますが、一言で表すなら忍耐とガマンの人。そして人を怒るとか、貶めるとか卑怯なことをする人ではないので、とても尊敬できます。自分ができないと敬遠していたことでも、考えを変えて突き進んでゆける人です。直接仕える2人のボスには今年も頑張ってもらいたいし、そのためにはしっかりと仕えてゆきたいと思いました。



そしてもうひとつ・・・




わが病院、本年で開院50年です。ボスの希望は、50年後を見据えた病院創りです。50年後にこの病院が廃墟になっているか、繁栄しているか分らないけど、50年後に繁栄している為の礎を作れるように本年は共に頑張ってゆきましょうとのお言葉でした。




こうして、私の新しい年は始まりました。
posted by トゥーラン at 14:36| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

第36回日本診療情報管理学会学術大会(オマケ編)

はい、学会ネタです。ただ私の場合、DPCや癌登録とは無縁な管理士のため、勉強したいと思っていたものは少なく、あまり勉強していません。でも、会場で面白いものやお気に入りなど見つけたので、それについて書いてゆきます。なので、オマケ編としました。





初めての学会参加だったので、コングレスバッグは自分で用意していったのですが、会場に入るとこんなにステキなコングレスバッグがありました。






コングレスバッグ






これと長野市内の飲食店のマップが一緒に置いてありました。表(?)は八幡屋磯五郎のネームが入ってます。八幡屋磯五郎は長野県でも有名な七味唐辛子のお店で、善光寺に入る十字路にあるお店です。私のお気に入りは「ゆず入りの七味」で、少々お高いですが、これは風味もよくクラークさんにもオススメしたものです。長野県のお蕎麦屋さん、うどん屋さんには大抵赤い缶に入った八幡屋磯五郎の七味唐辛子が置いてあります。辛さもいくつかあり、確かお好みに合わせて調合もしてくれたと思います。最近は赤い缶のストラップや、マカロンなんかもあって大変おしゃれなお店になっているけど、カウンターにいるおじさまは相変わらず渋いお方でした。








コングレスバッグは現在私のお弁当箱入れになっています。







そして、いただくのが楽しみになっていたものがあります。











信濃路だより





これは学会中に速報のような形で出されていたおたよりで「信濃路だより」です。私は2日目の午後には帰ってきてしまったので、最終号まではもらえなかったけど、参加している方の意見や、表情、長野の美味しいものなど記事が満載で、長野県民でもこれは役に立ちました。最終号まで欲しかったなあ〜〜事務局まで問い合わせてみようかしら・・と思ってます。






その中で特筆すべきものはこれ








信濃の国





信濃の国という県歌です。信濃路だよりの第1号に載っています。私も久しぶりに歌詞を見たけど、メロディーが頭に浮かんできてなんだか安心しました。病棟に配属されていた時によく歌ったものです。





あとは、写真に撮れなかったけど、売店にあった横川の峠の釜飯は美味しいです。釜飯のお釜の後利用に少々困るけど、これで御飯を炊けるという話もあるので、今度やってみようかと思ってます。横川の峠の釜飯は現在、各地にお店を持っており(びっくりしたのは、高速の双葉SAにも出店してました)簡単に購入することができます。お店に不要になったお釜を持ってゆけば引き取ってくれるので、チャンスがあったら是非みなさん食べてみて下さいね〜〜。

posted by トゥーラン at 17:32| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

マスク屋さん

マスク屋さん



忙しいといいつつも職員から希望があればマスクの発注をしています。今日は子供用のサージカルマスクの発注をしていました。なかなか子供用のサージカルマスクは手に入りにくく、生産数も追いつかない状態とのこと・・・・




50箱入荷したのはキセキでしょうか。
posted by トゥーラン at 20:32| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

マスク到着

マスク



9月の下旬に予約してあったサージカルマスクがやっと到着しました。その数約2万枚。これはあくまでも職員個人購入の分です。一人20箱(1箱50枚入り)位平気で購入してゆきます。うちの病院の職員さんは・・・。




ちょっと怖い。



でもその意識のお陰でまだ病院には新型インフルエンザは入ってません。療養病棟には基礎疾患を持った患者さんも多いので、マスクとうがい手洗いは欠かせないです。ご他聞にもれず新型インフルエンザのワクチンも不足で、ワクチンの管理もきっちりと県にされていて、配給の本数から配給する業者さんも全て管理され、月に1回の割合で接種者数と接種したワクチンの本数を県に報告し、ほぼ毎日県から通達がFAXと郵送で流され、書類の内容の解釈がさっぱり理解できずアタマをひねる毎日・・・・上司とこういう解釈なんじゃないか、いや、こうじゃないかとディスカッションで、まるで国語力のテストをされているようです。





うちの病院は接種指定病院にはなっていないので、問い合わせはきません。その点は楽です。指定病院のみなさまご苦労さまです。
posted by トゥーラン at 19:54| 長野 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

症例検討会

今日はこらからリスパダールコンスタの症例検討会です。


コンスタが発売されて数ヶ月ですが、ネットで検索してみると効果があるようで、いい方向へと向っている患者様もおられるようです。



さて、今夜の症例検討会では2例の症例について報告されますが、1つは開業されている先生の報告です。これが凄く楽しみです。




では行ってきます。
posted by トゥーラン at 18:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

秘書仲間

先日同じ地区にある精神科の理事長についている秘書さんと初めて会った。仕事の件で少々ご迷惑をおかけしていることがあって、そのお詫びと資料をいただきに行ったのだ。



同じ地区にいながら1度もお目にかかったこともなく、電話友達のような状態で、どんな方なのだろうかと興味深々ではあった。だいたい私が連絡をするのは院長、理事長クラスの秘書さん、または秘書課の課長さん、または医局付きの助手さんだったりするが、中には3人の教授に仕えてきた定年が近い方医局の助手さんなんかもいて、多分私がこの中で一番若いのではないかと思われる位である。若い秘書さんが横行するこの世の中、どうやら我がギョーカイは秘書にとって年季が一番のようである。





ということは、私はまだまだひよっこの部類なのかもしれない。






さて、お目にかかった秘書さん。いかにも秘書!!という服装である。首からは携帯とネームを下げて、完全な私服。対する私は勤務中は看護師と同じ服装で、通勤は・・・それなりのものは着ている。こんな風に他病院の秘書さんに会うこともあるだろうからこれからはもう少し服装に気をつけようなんて反省しきりである。



資料を頂き、初めてお目にかかりましたなんて話をしているときに名刺を頂戴した。ちゃんと○○病院秘書室なんて書いてある。私も一応は名刺を持ち歩いているので、名刺交換をしてきました。




もちろん・・・診療情報管理士と書いてあるものです。






秘書さんびっくりしてましたね〜〜。






今のところはボスの情報を管理しておりますが、のちのちは診療情報管理士に戻るつもりですと言っておきました。





こういうこともあるから秘書で名刺を作ってしまおうかしらと思った私。よくよく考えたら3種類くらい名刺が必要になるのです。





どう考えてもあちらの秘書さんが秘書らしいな〜と思った夕方でした。





posted by トゥーラン at 14:26| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

またまたご無沙汰を・・・

大阪から帰ってきてノンビリの日々が始まるかと思っていたのですが、ボスが突然・・・突然なことを言い出しまして。


この一週間それにかかりっきりになっておりました。



県内で、この救急システムをやっている病院がないため、県内1位を狙って(いるかどうかは・・・)の立ち上げとなりました。なので、先週の出張の件、これからアップしてゆきます。




お詫び




まずはキレイな花束を・・・・
posted by トゥーラン at 19:24| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

オレンジのヤマ

今日医局で某製薬会社の勉強会。



各社某社の新薬の発売に合わせて医局へのご挨拶は欠かさない・・・ホテルでの勉強会はこの週末に2社、某社の新薬発表日以来3社が医局への訪問を行なっている。



恐るべし・・・製薬会社・・・



さて、今日医局を訪問してくれた製薬会社さんのMRさんは顔見知り。医局に御用があって行った時、医局の先生とゴルフ談義に花を咲かしていたMRさんがご挨拶がてら会社の紙袋から何ごそごそと・・・・取り出して私に渡してくれた。看護師のみなさんでお使いくださいと。








オレンジのやま




さて、これは何でしょう・・・・






答えは・・・・・






ボールペンです。それも30数本!!!





ビックリしましたね〜〜〜。こんなに可愛いオレンジのヤマはみたことがありませんでした。さっそくいただきました。端数で何本かあったので、自分の分とツレの分もいただきました。ツレからボールペンを貰うことがあるので、たまにはお返ししてもいいだろうと。





遠くからみるとこのボールペンのヤマは何かの楽器のように見えます。アンデスの楽器のようだと思いませんか?
posted by トゥーラン at 23:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

おめでとう

おめでとう



昨夜は48回目の開院記念日の祝宴でした。おめでとう48歳。私の病院。
posted by トゥーラン at 16:58| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ご無沙汰をしておりました。

お久しぶりです。みなさま。



やっと半年に1度の会議が終わりまして・・・・肩から荷物をポン!!と下ろしたような気分で今週を迎えましたが、先週からの保留になっていた分をやっと片付けました。



それではまた再開します。トゥーランさんのブログは不定期にお休みをいただくのでお許し下さいバッド(下向き矢印)
posted by トゥーラン at 13:38| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

今日悲しかったこと

トゥーランさんのお仕事は多岐に渡る。


昨日は非常勤で見えている先生とお仕事の話をしていて、思わず先生に「君の仕事量は何とかしないといけない!!」と言われ、でも私、そんなに仕事量が多いと思っていなかったので思わずこういった。





「先生、私の仕事量がMAXになってダメになったら入院させてください」と。





先生と話しをしているだけで精神療法になっている面もあって、結構お得感のある病院だと思ったりして・・・・







さて多岐にわたる仕事の中に委員会の名簿の入力がある。








院内共通のシステムに各種委員会の名簿というものがある。一般の方が読んだら「なんだい?」と思われるかもしれないが、医療安全管理委員会とか行動最小化委員会とか、わけの分からないものが10いくつもあるわけで・・・・




その中の一つ「じょくそう管理連絡会」というものがありましてね(すみませんじょくそうという字を忘れました)その委員長に委員さんの名前を聞こうと思って内線をとったときのこと。










ト)○○師長ですか?




師)はい!そうです。




ト)今日やった辱そう管理連絡会の・・・と言う予定だったのにこういってしまった・・・







じょくしょうかんWWWWWWWWWWWWW







( ゚Д゚)y \_ ポロッ






電話口の向こうで爆笑する師長の声が聞こえた・・・・






最近考えていることが口から出ないようになっている。かと言えばかみまくっている自分がいたりして・・・・






そろそろ入院の時期だと思います。
posted by トゥーラン at 20:52| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

相棒の入院

いつも使っているプリンターがある。これは古いものだけど、使い方が大変シンプルで、気に入っているものでよい相棒になってくれている。




相棒



さてこの相棒、先月ころよりヘッドの調子が悪いのか印刷がイマイチの状態になってしまった。ヘッドのクリーニングなんかもやったけどダメ・・・新しいインクを入れて印刷してみたけどだめで、結局エプソンに連絡したら修理ということになった。






病院の近くにはエプソンの広丘事業所なんかもあり、プリンターには恵まれている場所。修理の窓口もあるので相棒を連れて行ってきた。






とにかく毎日使うものでもあり修理は至急でお願いする。窓口のオジサマ明日の午前の受け渡しの算段をつけてくれた・・・。






それで、こうなりました









こうなりました





ヘッドの交換のみで返ってくるのだろうか。私の相棒・・・
posted by トゥーラン at 11:42| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

本日は・・・

某製薬会社主催の勉強会があります。



製薬会社さんの勉強会ってのはだいたい夕方から夜にかけてあって、食事がついているってのがほとんど。今回は軽食をお持ち帰りということなんだけど、こういうときの食事ってどうみても「軽食」ではないと思う。




勉強会の演題は「認知行動療法の実際」と「非鎮静系抗精神薬の可能性」






ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







私、もしかしたら理解できないかも・・・と思ってます







認知行動療法には興味があるのですが、薬の関係になると寝てるかもしれませんふらふら






○○センさんごめんなさいバッド(下向き矢印)





ではでは〜〜〜行ってきま〜〜す
posted by トゥーラン at 18:00| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

レナードの朝

d我が病院、月に1〜2回先生が「精神科入門シリーズ」という初心者でも分かりやすい精神科で扱う疾患について1時間程度の勉強会を開いてくれます。



先月の勉強会のテーマが「レナードの朝」でした。






レナードの朝






1920年代に流行した嗜眠性脳炎にその頃開発されたL−ドーパという新薬を投与して覚醒させることができたが、耐性により段々と症状がもとに戻ってゆくという話。






殆ど廃人同様の患者にボールを投げるとキャッチするという反応をみせたことによりDrセイヤーが患者に共通の疾病があることを発見する。1960年代にパーキンソン病のために開発されたLドーパという薬が嗜眠性脳炎の患者にも使えるにではないかと思い、レナードの家族に承諾を取り、少しづつLドーパを投与してゆく。






ある晩、寝たきりだったレナードに劇的な症状の改善が見られ・・・






たったひと夏だったけど、レナードは数十年ぶりに遠いところから戻り、母と抱き合い、夏の風を感じ、ガールフレンドができ、でも薬の耐性により震せんがひどくなり、不随意運動が頻発し、とうとう「ドクター助けて」とセイヤーに助けを求める。






薬の量を加減しながら様子を見るが結局はもとに戻ってゆくというストーリー






ロバード・デ・ニーロの縁起は秀逸できっと患者さんをよく観察し、自分のなかで消化しながら演技に反映させたのだと思う。






薬の調節というのは精神科ではもの凄く重要なこと。






この薬では効果があるが、あの薬では副作用が出ると1つ1つ患者さんにあったものを探してゆく。劇的な変化は見られないけど、少しづつ症状の軽減に努める。ある意味一生をかけての治療ということになるのだろうか・・・・





次のスクーリング辺りから「精神」の分野が正式に講義に入ってゆくようである。殆どお目にかかったことのない疾患ばかりだからとまどうかもしれない。映画など参考にしてもらえたらと思う。







カチンコかっこうの巣の上で・・・・ジャック・ニコルソン主演。


健常な人が精神病と偽って病院し、軍役を逃れるという話ではあるが、プロからみればある意味主人公は何らかの背景があるのでは・とのことである。








カチンコレナードの朝


パーキンソン病の症状や現在では存在しないといわれる嗜眠性脳炎の症状がよく理解できる。ICDではなかなかお目にかかれない病気ではあるが、参考になったらとおもう。






カチンコ17歳のカルテ


1960年代の精神科の病院が舞台。境界性人格障害の17歳の女の子が主人公。この映画のおもしろいところは60年代の時代背景とあいまって主人公がこの病気と向かい合い、気づくというところ。アンジェリーナ・ジョリーの人格障害の演技が凄いと思った。





カチンコクワイエット・ルームへようこそ


邦画。主演は内田有紀。やはり境界性人格障害の女性が主人公。以前ブログにも書いたが、大量服薬と飲酒で病院に運び込まれ、気がついたら拘束されていたというところから話が始まる。この話しも主人公が病気と向かい合い、自分で自分の病気の対処法に気づくという流れになっている。






統合失調症の話しというのはなかなないが(題材にしにくのだろうか?)
精神科領域にもいろんな病名があり、それにまたコードをつけてゆくという作業がある。一般の診療科に比べ、主疾患のコードは少ないが、おれなりに奥の深い分野でもある。

posted by トゥーラン at 21:27| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする